コーチとティーチの違い

日本では、コーチと先生は同じように捉えられていますが、

海外ではその役割に明確な違いがあります。

また、それぞれの役割が違うので、

選手との関わり方も違って来ます。

Csサッカーアカデミーでは、

選手をテクニック、身体能力、精神面、社会性の

4つの観点でコーチングして行きます。

コーチの語源は大切なものを運ぶ馬車を意味することから、 指導者が「学習者を運ぶ道具」と比喩され コーチと言われるようになったようです。 選手(=学習者)を運ぶ道具なわけですから、 選手は「馬」ではなく「乗客」ですね! 英語でみるとCoachとTeachは別の言葉なので、 意味の違いも分かり易く、コーチと先生の 役割が違うのも良く分かります。

今後のトレンドとして、少年サッカーのあたりから 徐々にティーチではなくコーチするコーチが増え、 また、日本で海外のクラブによるサッカーキャンプや スクール運営が増えて来ると、 今まで日本になかったタイプのコーチングが 増えて行くように感じています。


Featured Posts
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
Recent Posts
Archive
Search By Tags
まだタグはありません。
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2016 Morning Hope Co., Ltd.

Csサッカーアカデミーは、選手のニーズに合わせて、グループトレーニング、個人トレーニング、

スクールトレーニングを行っています。体験につきましては、CONTACTよりお問い合わせください。