1対1で意思決定の練習

シーズサッカーアカデミーは、 サッカーの母国、イングランド流のサッカー教室で、 イングランドで推奨されているプログラムを 日本の子どもたちに合わせてトレーニングを行います。 1対1の練習はどこのチームでも取り入れている 練習方法だと思いますが、 この1対1の練習の仕方でサッカーの

捉え方が大きく変わって来ます。 サッカーは日本ではなく、 海外で生まれているスポーツですので、 当然海外の思考や哲学が細部に渡るまで 反映されています。 そこに”日本的な”哲学や思考だけで サッカーをしても それが上手くブレンドしないことがあります。 例えば、1対1の場合は、 日本的な剣道の間合いですると サッカーをより難しくします。 サッカーでの1対1は、 剣道のつばぜり合い的に戦うのではなく、 フェンシングの間合いと 隙をついて刺すようにかわすことが求められます。 間合いの取り方やかわし方が日本の武士道的な発想だと どんなに上達しても年齢と共に通用しないテクニックを

身に付けてしまうことになってしまいます。

遠目の間合いで、相手に抜くのではなく、

触られないような1対1が出来るように

練習をして行くとその感覚が早い意思決定に

繋がって行きます。


Featured Posts
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
Recent Posts
Archive