好きのチカラと継続のチカラ

CSSAの古木です。お久しぶりです!

先日、マンチェスターユナイテッドサッカースクールの 夏のサッカーキャンプの全てのプログラムが 終了しました! 今回もメイン通訳兼コーチとして参加させて頂き、

たくさんの経験豊富なコーチ達やマンチェスターユナイテッド

サッカースクールのコーチ教育のヘッドコーチから多くの事を学び、 また、通訳を通して、選手育成の哲学やコーチングの技術を

学ぶ事が出来ました! また、今回のキャンプでも日本全国のたくさんの 選手の笑顔に出逢うことが出来ました。 どの地域の子どもたちを見ても、上手な選手は サッカーが大好きでいつも良くボールを触ってる。 サッカーはボールを触る時間が長ければ長いほど、 テクニックが上達するんだなぁと改めて 思いました。 マンチェスターユナイテッドのサッカーキャンプでは トレーニングセッション中にコーチングをせずに 選手たちに自由にプレーさせる時間を作ります。 これは、Ownershipというもので、 選手の主体性、自主性を育みます。 「誰にも邪魔をされずにサッカーを楽しむ時間」に 一生懸命にプレーをし、もっと上手になりたいから コーチングを受ける時には集中して話を聞く。 だから3日間のプログラムが密度の濃いものになり ものすごく楽しいと選手が感じるのだと思います。 好きこそ物の上手なれ 継続は力なり これらの言葉を証明するような今年の夏でした。


Featured Posts
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
Recent Posts
Archive
Search By Tags
まだタグはありません。
Follow Us