© 2016 Morning Hope Co., Ltd.

Csサッカーアカデミーは、選手のニーズに合わせて、グループトレーニング、個人トレーニング、

スクールトレーニングを行っています。体験につきましては、CONTACTよりお問い合わせください。

Technical Part

 

画像では2箇所で1つのゴールに対して1列ですが、1ゴールに対して左右2列で行います。並ぶ時間を作らないようにグループに分けて、パス練習などと組み合わせて行います。

サーバーからボールを受けてシュートしますが、①マーカーの前で受けてターン、②外側に走りながら、③内側に走りながら、④中から外へ、⑤外から中へ、⑥下がってボールを受けてミドルシュートなど、さまざまな場面を想定してシュート練習をしてください。ゴールを視野に入れてボールを受けれるように、また、ボールを受けたらスムーズにシュートできるように、アプローチの角度、体勢や姿勢やシュートフォームに取り組みます。

 

Skill Part

 

画像とは異なりますが、テクニカルパートと同じセッティングで行います。ディフェンダーを入れてシュート練習します。1v1もしくは2v1で行ってもよいですが、ディフェンダーを抜き去ることではなく、前向きなシュートへの意識を忘れないようにし、ディフェンダーがいてもテクニカルパートで行った動きを出来るようにします。キーポイントである速い意思決定、キーパーとディフェンダーの位置、ダイレクトフィニッシュに取り組みます。2v1で行う場合はサーバーが攻撃に加わります。

Small Sided Game Part

 

4v4+2GK+2バウンサー。キーパーはグリーンのエリアから出ることはできない。バウンサーはゴール付近に位置し2タッチでボールをアタッカーに返します。ルールはシュートをする前に最低3回パスをつなぐ。適切な意思決定、ファーストタッチ、ボールコントロール、チャンスを見極めチャレンジすること、チームメイトのためにチャンスを作る動きが重要です。