© 2016 Morning Hope Co., Ltd.

Csサッカーアカデミーは、選手のニーズに合わせて、グループトレーニング、個人トレーニング、

スクールトレーニングを行っています。体験につきましては、CONTACTよりお問い合わせください。

Technical Part

 

3人一組はゴールラインに並び、レシーバーは中央に位置します。キーパーからレシーバーにパスするのと同時に3人が上がり、レシーバーからボールを受け、ワンツー、オーバーラップ、第3者の走り、などのコンビネーションを行い逆側のゴールにシュートをします。はじめは交互に行いますが、慣れてきたら両サイド同時にスタートします。レシーバーも含め4人でのコンビネーションプレイも良いでしょう。この練習は実際の試合のスピード感でクリエイティブに行う必要があります(ゆっくりだと間延びしたただのパス回しになってしまいます)。キーポイントであるボールコントロールやパスのクオリティ、パスの受け方、ターンなどのテクニックに取り組むのと同時に、イマジネーション豊かにトレーニングに取り組みます。

 

Skill Part

 

テクニカルパートを発展させ、キーパーAからレシーバーにパスし3人のアタッカー(白)がゴールラインから上がり、2人のディフェンダー(青)をかわしてシュートします(4v2をします)。ターンが終了次第ディフェンダーの2人はアタッカーとしてゴールラインで待っていたもう一人のアタッカーとレシーバーの4人で攻撃します。最初に攻撃した3人の白の選手はプレイを終了し戻り、次の2人の選手がディフェンスを行います。スピーディーに攻守の切り替えや選手交代ができるように行います。キーポイントであるオフザボールの動きやコミュニケーション、スペースへの意識や状況判断を高め、多彩で効果的なパス回しを行います。

Small Sided Game Part

 

4v4+2GK+1〜2フリーマン(黄)+2〜4バウンサー(赤)。フリーマンが2人の場合は各ハーフに1人でポゼッション側をサポートする。サイドライン上のバウンサーはできるだけ早くボールを返すようにする。バウンサーとフリーマンを使い多彩なパス回しを展開する。攻撃をしているチームは7v4の状況を活かし正確で効果的なコンビネーションを行う。スペースへの意識、マークを外すタイミング、ディフェンスから剥がれる動きを高めます。

コンビネーション

 

コンビネーションプレイのトレーニングセッションで各パートでのキーポイントを確認します。

テクニカルパート:パスの精度、ボールコントロールの精度、ボールの受け方、ターン、方向の変化

スキルパート:意思決定、ボールを受けるための動き、イマジネーション

ミニゲーム:スペースへの意識、ポジショニング、チームメイトのためにスペースを作る

また、テクニカル、フィジカル、思考、ソーシャルという4つの側面で意識的に取り組むべきことを選手と確認します。例えば、フィジカル面であれば、アジリティ、ターニング、スピード、ソーシャル面では、チームワーク、コミュニケーションをどう高めて行くかなどについて話をします。